おめでた婚

結婚していないカップルが妊娠してしまういわゆる「できちゃった婚」が、今は「おめでた婚」と言われていることをご存知ですか。かつては「できちゃった婚」と呼ばれ、マイナスのイメージで語られていました。しかしながら、できちゃった婚の数が増えて来た1990年代からこのイメージは少しずつ変わって来ました。芸能人のできちゃった婚が祝福ムードで全国に流された影響もあったようです。

かつては批判的に受け止められていた「おめでた婚」ですが、今は以前よりは批判的な人は減ったようです。また、おめでた婚に配慮したプランを結婚式場が用意することで、結婚式場も顧客を取り込もうとしているため、おめでた婚の結婚式の選択肢も増えて来ているのです。

おめでた婚は3カ月ほどの短期で結婚式ができる、マタニティ用のドレスを用意するなど様々なプランがあります。また、ゆったりとしたソファで打ち合わせができる、マタニティ用のドレスを着るなど、おめでた婚に合わせた打ち合わせができるようになっているのです。また、マタニティドレスも種類が増えており、レンタルドレスのお店ではマタニティドレスの種類も豊富となっていますので、おめでた婚の新婦のドレスを選ぶ楽しみも以前にも増しているようです。