ホテルと婚礼

結婚式と言えば、様々な設備やサービスが整っている結婚式場で行う人がまだまだ大変多いですが、そもそもホテルの婚礼は明治の中期~後期から、上流階級の人々によって行われていました。しかしながら、昭和40年代から庶民の間でも、一般化して来ました。

婚礼による売上げはホテルの総売上のほぼ4分の1を占めると言われています。ホテル経営においては、ブライダル事業は非常に重要だということがわかるでしょう。以前は法人の宴会が収益の柱としてありましたが、バブル崩壊度は法人の宴会が激減しました。そのため、収益の柱が減ってしまった現在、独立チャペルを親切したり、婚礼向けに宴会場をリノベーションするなどして、競争性を高めています。

ホテルにとって重要な収益の柱である婚礼ですが、近年ではハウスウエディングの会社も勢いをつけています。ホテルにはなかったハウスウェディングという形態を定着させたのです。競争が激しくなっている状況においては、ホテルもハウスウエディングの要素を入れるなどして工夫しています。

より顧客の要望に応えた結婚式を実現するために、レンタルドレスショップと提携して、ウエディングドレスや和装の選択肢を増やすなどの努力をしている結婚式場もあるようです。