近年の結婚式

結婚式はその時代背景によって様々に展開されますが、1990年代はオリジナリティの高い結婚式が流行りました。オリジナル婚が流行った背景には、決まった形式の結婚式ではなく、自分たちだけの工夫あふれた結婚式を行いたいという人が増え、ホテルや結婚式場でも新しい取り組みとして積極的に取り入れられたという背景があります。しかしながら、このオリジナル婚は一方で自分たちらしさを際立たせさせたために、招待客ではなくあくまでも自分達中心の結婚式になる傾向にありました。ドレスもよりオリジナリティあふれるものを求めて、レンタルドレスを探す人もいました。

オリジナル婚は主催者である新郎新婦が楽しめる式としては機能しましたが、一方で、招待客の満足度が低いという傾向も顕著になってきました。そのため、その反省から取り入れられたのが「おもてなし婚」です。

おもてなし婚の特徴は、自分たちのオリジナリティはもちろん考えますが、招待客の立場に立って、結婚式を行うというものです。新郎新婦は招待客をもてなす側に回り、積極的に動き回り、招待客と歓談したり写真撮影をするなどおもてなしの行為中心に結婚式で役目を果たします。

特に東日本大震災後には、家族や友人など周りの人たちとの絆を大切にする風潮が生まれました。家族と一緒に中座退場したり、母にウエディングケーキのラストバイトをお願いしたりするなど言った、母にウエディングケーキのラストバイトをお願いするという工夫を行う人も増えて来ました。身内や招待客を巻き込んでよりおもてなしを重視した結婚式をする人が増えたという訳です。