ダイヤモンドグレーディングレポート

花嫁のきるウェディングドレスにある指輪やネックレスはダイヤモンドが定番ですが、ダイヤモンドのカラット、カット、カラー、クラリティは、「4つのC」といわれており、ダイヤモンドを評価する基準となってくる要素です。ちなみに、ダイヤモンドは評価方法が確立されている数少ない宝石です。自分のダイヤモンドの4Cを知ることが出来るのが「ダイヤモンドグレーディングレポート」。かつては鑑定書と呼ばれていましたが、近年の用語の見直しによってダイヤモンドグレーディングレポートに統一しようという動きがみられます。現在、日本においてグレーディングの基本となっているのは、アメリカの宝石の教育機関がシステム化した4Cです。ダイヤモンドの評価にあたっては、宝石学修士の資格を持つ二人のグレーダーが行います。経験豊富なベテランのグレーダーでも見極めるのが困難なのがカラーやクラリティです。もし、二人の評価が食い違えば、もう一人別のグレーダーが評価に加わります。そこでまた食い違ったらさらに別のグレーダーが鑑定し、評価をより厳正に、正確に行っていきます。

このグレーディングレポートは、いつか結婚指輪をリフォームする時などにダイヤモンドの特徴を知る手立てとなります。そのため、間違っても捨てずに大切にしまっておきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*