大事な素材選び

生地の素材によって、同じデザインでも印象は大きく変わってくるものです。

綿やデニム、カジュアルに見えてしまう素材は避けましょう。

シルクやレースなど、高級感のあるものが相応しいです。

ボレロやバッグ、靴、アクセサリーなども含め、トータルで気をつけましょう。

 

毛皮や革製品は、「殺生」を連想させるため、縁起がよろしくないと言われています。

本来は仏教におけるタブーなので、和装婚で気をつけるべきマナーです。

しかし、洋装婚の場合でも避けておいた方が無難かもしれません。

 

別の説として、ファーやウール素材のものは、防寒着と捉えられてしまう可能性があります。

主に屋内で行われる結婚式では、不自然で相応しくないということになります。

また、毛やほこりが出てしまうため不適切、という理由もあるようです。

尚、本物ではなくとも、フェイクファーやアニマル柄のプリントも避けましょう。

 

そして、季節感のある素材選びも重要です。

春夏は、ベロアやベルベッドなど重厚感のあるイメージのドレスは、季節はずれに感じてしまいます。

柔らかく、温かみのある素材を選びましょう。

秋冬は、軽やかなシフォン素材や、パステルカラー、寒々しい色は避けましょう。

しっかりとした生地や、落ち着気のあるダークカラーを上手く取り入れましょう。

 

昼間では、サテンやラメなど光沢のある素材に気をつけましょう。

透け感のある素材も避けた方が良いです。

スパンコールやラインストーンなど、光を反射してしまう装飾がついているデザインも、大きさによっては新婦より目立ってしまう可能性があります。

夜間では光りものが歓迎されますが、時間やシーンによってどのように見えるのか、よく考えましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*