ダイヤモンドクラリティ

透明度は、ダイヤモンドの結晶度を意味します。いくら美しいダイヤモンドも自然のものである限り、内部内包物があるかを決定する傷が生じたりすることができます。また、仕上げのミスなどにより表面に傷もあり、これらが明瞭に関与します。このような点に着目し、宝石用ルーペを使用して透明度を判定します。
クラリネットの評価は、6段階の10倍拡大確認に欠点がないわけでは最も高い評価を受けて「F」になって、とても希少価値の高いダイヤモンドです。 Fに続いて評価が高いのが「IF」です。拡大検査で内包物がなく、表面に非常に小さな外部の特徴があります。
三番目が「VVS」です。拡大検査ではほとんど見ることができない、あるいは非常に確認が困難なほどの内包物や傷があります。 「VS」と、より一つ落ちる拡大検査で確認が難しい目立たない程度の内包物、傷が存在している状態です。5年生は、「SI」です。拡大検査で多少目立つまたは容易に見つけることほどの内容や傷の存在があります。そして下段の6位にランクが「I」です。 Iと、拡大鏡を使用せずに肉眼ではほとんど確認できる内包物や傷があります。

ドレスに合わせるダイヤモンドにも高い評価のものから低い評価のものまで様々なものがあることが分かります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*